カテゴリ:パリ( 34 )

アントワネット・ポワソンのお皿

e0366442_14382401.png

ジアン・パリからの新作ニュースレターを見ていたら、見覚えのあるお皿を発見。

アントワネット・ポワソンと最初のコラボレーションの作品が制作されたというお知らせでした。
18世紀のアーカイブから5種類の異なるモチーフをジアンのために選ばれたそうです。

e0366442_14473726.png
私がパリから持ち帰ったドミノペーパーと同じモチーフのローズ模様や幾何学的なモチーフなど。

写真で見ているだけでも素敵でパリにいたらすぐに買いにいってしまいそうな危険な新作たちです。
e0366442_14491824.png
この食器にどんなクロスに合わせようか、どんな色、花を組み合わせようかと想像するのがまた楽しみ。

e0366442_14484972.png

※画像はGIEN FRANCEより。







by maison_pivoine | 2019-03-03 23:27 | パリ

Paris jour38: イスパハンで最後の朝食

e0366442_13215105.jpg
帰国日の朝。

最後の朝食はピエール・エルメでクロワッサン・イスパハン。
そしてパン・オ・ショコラとオレンジジュース。

もう思い残すことはない!のですが。
帰国しニヤニヤしながら写真を眺め、またパリへの想いをふくらませることでしょう。


e0366442_16294725.jpg
みなさまお付き合いくださり、ありがとうございました。
まだまだ他にもパリで訪れた場所、素敵だったもの、感動した出来事、たくさんあります。

この思いをこれからの花あしらいを通じてお伝えできますように。
またパリの思い出もきっと綴っていくことと思います。



by maison_pivoine | 2018-07-06 14:18 | パリ

Paris jour37: アントワネット・ポワソン

e0366442_13121980.jpg
18世紀の印刷技術を使って、ドミノ・ペーパーという手刷りで壁紙などを作るアントワネット・ポワソンの工房へおじゃましました。

工房ですので、実際に手刷りでドミノ・ペーパーに色を刷っていく作業を見ることが出来ました。

e0366442_13114742.jpg

ペーパーアイテムだけではなく、クッション、クロスなどの素敵なアイテムも扱っているのですが、今回はガーランド模様のドミノ・ペーパーを買い求めました。
e0366442_13085658.jpg

手刷りのため、同じ絵柄でも色の濃淡や模様のズレなどが1枚1枚異なるのが魅力。
一番気に入ったものがこちら↓

すでに額装され飾られていたのですが、お願いしたら額から外してくださいました。

e0366442_14241703.jpg

帰国したらまた額装をして飾りたいと思います。



by maison_pivoine | 2018-07-05 21:02 | パリ

Paris jour36: ムッシュの花あしらい

e0366442_12595693.jpg
パリの大御所フローリスト、ジョルジュ・フランソワ氏のレッスンを受けてきました。
ムッシュにレッスンをお願いするのは4年ぶり2回目。

前回は大きなブーケを作りましたが、今回はムッシュの得意な野菜のコンポジションをお願いしました。
e0366442_12541722.jpg
ジョルジュ・フランソワ氏のお店はとてもクラシックでアンティークの花器や雑貨がところ狭しと並べられているのです。

窓から覗く紫陽花もかわいい。
e0366442_12555767.jpg
素敵なレッスンを今回もしていただきました。
とりわけこういう日はフランス語が上達していないことを猛省。

Monsieur&Tomokoさん、merci beaucoup!










by maison_pivoine | 2018-07-04 22:46 | パリ

Paris jour35: モネの庭

e0366442_12351545.jpg
ジヴェルニーにやって来ました。

前回訪問した際はツアーで連れてきてもらったのですが、ヴェルサイユに続いてこの夏はまたフランス国鉄に挑戦。
ジヴェルニーの駅からモネの家までバスに乗って無事到着しました。


気候がとてもよく、この時期のジヴェルニーは最高ですね。
e0366442_12330802.jpg
モネの家は壁のイエローがおしゃれ。
そこに浮世絵コレクションのブルーがエキゾチックでまた素敵です。

e0366442_12341834.jpg
睡蓮の池には蓮の花が咲き、モネも描いたアガパンサスの花も。
e0366442_12343216.jpg

そして日本では手に入らないケシの実が庭になっていました。


e0366442_12332705.jpg




by maison_pivoine | 2018-07-03 20:24 | パリ

Paris jour34: 香りの国フランス


e0366442_11325033.jpg
パリのBon Marcheやギャラリー・ラファイエットといったデパートに入ると気づくのは1Fのフロアにずらりと並んだ香水の数々。


日本のデパートとの売り場面積の違いは明らか。
日本人の香水に対する意識はそれほど高くないのではと思うとやはりフランスは香りの国ですね。

かくいう私は香水というよりも香水瓶マニア。
高校生の頃に祖母のNINA RICHのレールデュタンに憧れ、ヨーロッパ旅行のお土産にお願いしたほど。
ルネ・ラリックの鳩がモチーフになったボトルは大層美しく、パリへの憧れになったものの1つです。

そのようなわけで、帰国前にはと香りのフラゴナール博物館へと行ってみました。
e0366442_11315833.jpg
フラゴナールは石鹸の箱や刺繍の袋がとてもかわいらしく、お土産にしたり、いただいたりとすることが多いのですが香水は未経験。


e0366442_11330408.jpg
ここのミュゼでは香料の歴史や香りの抽出の仕方などツアーで解説をしてもらえます。

e0366442_11332025.jpg

最後は香り当てクイズ。

ミモザ・アイリス・レモン・ローズなど、どれも花と柑橘類なので得意な香りばかり。
全問正解しましたよ。

その後はBon Marcheにある美容院で髪をカット。

夜はパドドゥ・パリ店のみなさんと食事会でした。
Cherche-midi通りにあるプチ・ヴェルドー。

日本人ソムリエがオーナーのこのお店はいつも満杯でなかなか予約が取れないのですが、帰国前ということで予約してくださいました。

残すところあと4日。





by maison_pivoine | 2018-07-02 11:06 | パリ

Paris jour33: 最後の日曜日

e0366442_17064653.jpg
帰国までの最後の日曜日。
まずは掘り出しものを探しに再びヴァンヴへ。
もう道もすっかり迷うことなくお目当てのお店へ。
バルボティーヌのお皿を1枚と小さなガラスのセットを買う。

e0366442_17062107.jpg
それからニッシム・カモンド美術館へ。
ユダヤ人銀行家のカモンド氏の邸宅を美術館としたものだそうです。

e0366442_17160605.jpg
コレクションの数々が本当に素晴らしいので、個人所蔵の美術館として見どころがたくさんありました。

e0366442_17070068.jpg

毎日とてもとても暑く。
アパルトマンへの帰り道、ローズベーカリーで休憩。

もうヴァカンスのはじまり。
どこも混んでおります。










by maison_pivoine | 2018-07-01 23:57 | パリ

Paris jour30-32: パリ流行の花


e0366442_16315108.jpg
パリの花といっても、フローリストやそのエリアごとに好みや流行はおおいに異なるのですが、ここ左岸6区においてはブルジョワ・ボヘミアン的なものが好まれるようです。

e0366442_16324034.jpg

たくさんの種類の草花取り入れるのがとても人気です。
そしてドライフラワーを買い求めるお客さまも。


e0366442_16321903.jpg
シックなニュアンスカラーも人気。
ディスプレイを見ているだけでも楽しくなるくらい、草花だけでもこんなにたくさんの種類があります。

仕事終わりのディナーはお決まりのコース。
Sauvageでアルザスワインと前菜。
Cantine & Troquetでコートドゥヴォー。





by maison_pivoine | 2018-06-30 21:23 | パリ

Paris jour29: ミシュラン一つ星レストランへ

e0366442_17320888.jpg
友達が予約をしてくれたパリの日本人シェフのレストラン。
14区にあるMONTÉEでディナーでした。

6区と14区は遠いようで、意外と近く、いつものように歩いて行ってしまいました。
e0366442_17323013.jpg
めずらしく食事中に写真を撮らせていただきました。

絵のようなお皿に盛り付けも素敵。

パリに来て、毎日おいしいものばかり。

野菜も味がしっかりしていておいしいので、料理ももちろんしています。
そして時間があると恐ろしいほどに歩いていますので、体重もおそらく増えていないのでは…と言い訳をしながらおいしいものをいただいています。





by maison_pivoine | 2018-06-27 17:28 | パリ

Paris jour28: パリジェンヌのお茶の時間②

e0366442_17213774.jpg
マドレーヌ界隈を散歩中。
素敵なカフェに入りました。

ロシアの文豪プーシキンの名前にちなんだカフェ・プーシキン。

マトリョーシカの形がかわいい。

今日もとても暑いので、冷たい飲み物を。
e0366442_17215535.jpg




by maison_pivoine | 2018-06-26 17:12 | パリ


横浜●田園都市線のフラワーデザイナー。テーブルの花&マリアージュの花。時々パリ。


by Pivoine

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
フレッシュフラワーレッスン
マリアージュ
ブーケ・ド・マリエ
パーティー装花
フラワーギフト
フラワーコーディネート
パリ
イベント情報
掲載情報
お知らせ

ホームページ:
pivoine flowers & design

Online Store ⇒ こちら

Mail: pivoine.f★gmail.com
(★を@に変換して下さい)


Copyright©2013-2019
pivoine flowers & design
All Rights Reserved.

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月

検索

最新の記事

春のブーケ・ド・マリエ
at 2019-03-15 21:59
アネモネとチューリップのブーケ
at 2019-03-13 22:23
ロマンティックなブーケ
at 2019-03-07 22:43
アントワネット・ポワソンのお皿
at 2019-03-03 23:27
アンティークパニエとパンジー
at 2019-03-01 21:47

画像一覧

その他のジャンル